誰でもできる時給5万円稼げる方法

「信じるか信じないはあなた次第・・・」ではなく下記の手順通りやれば確実に誰でも5万円くらい稼げます。その方法を簡単に説明しますので、この通りに作業してみて下さい。

まずはGetMoneyに登録します。フリーメールアドレスで登録するのがおすすめです。ここはポイントサイトで無料会員になったり、紹介しているサービスを利用すればポイント(10P=1円)がもらえます。

次に「ポイントを貯める」からポイント高い順に検索しましょう。するとポイントの高いサービスが出てきますので、登録できるやつは登録していましましょう。

クレジットカード、ローン、FXの口座開設あたりがポイントは高いです。あるFX口座開設は95,000Ptなので口座開設するだけで9,500円もらえます。ただしポイント加算の条件が若干きびしめのやつもありますので、自分がその条件をクリアできるかを確かめてからにして下さい。

友達紹介でも稼げます。例えば友達を紹介してその友達が100,000ポイント獲得したら、あなたにはその半分の50,000ポイントが自動的に入ります。当然紹介すればするほど稼げるようになります。

やることはたったこれだけです。誰でもできるので今すぐ始めましょう。

GetMoneyの登録はこちらからどうぞ

◎あれ?こんなことがお金になるの?

いつまでも不況が続くこのご時世。働けども働けども給料は上がらず、それどころかボーナスカットに低金利と厳しい日々を過ごしている人も少なくありません。

この厳しい状況を乗り越えるために、今手っ取り早く収入を増やす方法はないものでしょうか?

今注目されているのは、「内職」や「本業以外のアルバイト(副業)」です。しかしいざやってみようとしても、どんな内職やアルバイトがあるのか、何をしたらいいのかわからないといい人は多いでしょう。

このブログではそんな人の為に、休日や深夜・早朝、空いた時間にできる仕事や、自宅に居ながら稼げる仕事などのアルバイト情報や内職を載せていこうと思います。

サラリーマンやOLの副業に、主婦や学生にフリーターの小遣い稼ぎなど、あなたもやりたいことが見つかるかもしれません。

◎在宅ワークを探しているなら

資格・特技を活かした在宅ワークなら、パートで働くよりも高い時給が期待できます。自宅で働けて、さらに効率のよい働き方ができます。その為の技能を身につけるには専門学校に通うのが一番です。しかし、費用が高いのがデメリットです。

しかし通信教育であれば、スクールに行くよりも格安ですし、空いた時間にマイペースに学べます。通信教育で身に付けた資格・特技を活かして仕事をすれば、十分に元をとることはできるし、自宅で働き確実な収入が得られます。

一番簡単な在宅ワークといえば、ポイントサイトに登録することです。これは、登録してアンケートに答えたりするだけでポイントがもらえるサイトです。ポイントは現金に換金できます。ポイントサイトについてはこちらの記事で紹介してます。

FXなら専業主婦でもサラリーマンでもお金持ちになれるチャンスが大いにあります。FXで稼ぎたいならDMM.com証券 がおすすめです。私もFXで毎月いいお小遣いを稼いでいます。FXについてはこちらの記事で紹介してます。

建築模型製作講座、テープライター養成講座、賞状書士養成講座など仕事に直結する内職・在宅ワークの為の講座を探すのであれば、がくぶん総合教育センターがおすすめです。まずは気になる講座の資料を請求してみましょう。

2011年07月12日

代表的な在宅ワーク、テープ起こし

雑誌などのインタビューや対談の記事が載っているのをよくみる。これは対談をICレコーダーに録音して、「テープ起こし」担当者が文章にして、ライターが記事として仕上げる。

この「テープ起こし」、一昔前はテープレコーダーを使いテープに録音していた。その時のなごりからテープと呼ばれているが、今はICレコーダーが一般的だ。

作業自体はインタビューやマスコミの取材で録音された音声を聞きながら、その通りにパソコンのワープロソフトなどに文章を打ち込んでいく単純作業だが、その割に報酬は悪くない。60分あたり数千円〜1万円ほどが相場だ。

60分の録音データといっても、作業時間が60分ですむわけではない。慣れた人でもだいたい3〜4時間以上はかかる。最初のうちは数日かかるかもしれない。結構集中力もいるので、それなりに大変な労働であるといえる。

だいたい、声だけを聞いて内容を聞き取るのは思ったほど簡単ではない。その場にいれば、身振り手振りや表情からも情報が発信されるわけだが、声だけだと意外に意味がわかりにくい。

人によっては声が小さくて聞き取り辛い、発音が不明瞭、早口すぎるなどと個性が強く、骨が折れることもある。戦場カメラマンの渡部陽一さんのようにゆっくりと話してくれる人であればいいのだが、勝間和代さんのようにマシンガンのように話されると割にあわないだろう。

この仕事、資格も専門技術もいらないので誰でも始めることができる。必要なことといえば、パソコンを使ってワープロソフトなどが使えることと、締め切りを守れることぐらいだろう。インターネット環境があることも条件の一つで、今はメールで納品することもある。

それからあって損はないのは一般教養。一例だが、「まんゆう」と聞いて「漫遊」なのか「マンU」なのかの判断がきちんとできるかどうかで、ギャラが違ってくるといえる。

仕事を探す場合は、テープ起こしの在宅スタッフが募集されているのでその専門会社に登録する方法や、SOHOエージェントに登録する方法、同業者に知り合いがいるのであれば紹介してもらってもいいだろう。


一番簡単な在宅ワークといえば、ポイントサイトに登録することです。ポイントサイトとは、広告メール受信、アンケート回答、無料会員登録やショッピングでポイントを貯めて、お金に交換することができるサイトのことです。誰でも元手ゼロでできますので、とりあえず登録してみては?

posted by 田中 at 20:02 | Comment(0) | 在宅ワークで稼ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一言一句チェック、校正者

校正とは、書籍や雑誌、論文などが印刷される前の文章の誤字や脱字をチェックする仕事である。誤字・脱字の他にも、文法の間違い、日本語として変な表現などもチェックの対象となる。

さらに用字・用語の表現の統一にも注意しなければならない。例えば、「お問い合わせ」と「お問合せ」はどちらでも間違いではないが、1冊の出版物の中で異なる表記が出てくるのはやはり不自然だ。

このように、文章の隅々まで、文字通り一言一句チェックするのが「校正者」の仕事だ。

一昔前までは、ライターや作家先生が書いた手書きの原稿を見ながら、職人さんが活字をひろって版下をつくっていた。その為間違いやすい個所は画数が多い漢字や、似ている漢字などで、ベテランの校正者にはすぐわかることが多かった。

ところが今ではパソコンのワープロソフトが主流になり、とんでもない変換ミスとか、不自然なところに妙な脱字とかあって、どんな間違いが潜んでいるかが予想がつかなくなった。今まで以上に注意力と集中力を必要とする、校正者にとって受難の時代といえるのかもしれない。

校正者になるには、校正の記号の使い方をマスターしなければならない。といってもそんなにたくさんあるわけではないので、すぐに覚えられる。専門学校もあるが、通信教育や手引書を覚える程度でもそこそこできる。あとは高校程度の教養があれば、誰でも仕事をはじめることができる。

校正の報酬は、時間給と出来高払い、二つの方法がある。雑誌などの校正は、出版社や印刷所に出向する場合が多く、時間給で2,000円〜3,000円が相場。書籍の校正は自宅でも可能で、1文字30銭〜1円程度の出来高払いが一般的だが、単価の差は能力と経験の差である。

喫茶店などのメニューや駅の張り紙などの間違いが自然に見つかるようになれば、校正者として時給や単価が上がり始めているかもしれない。


一番簡単な在宅ワークといえば、ポイントサイトに登録することです。ポイントサイトとは、広告メール受信、アンケート回答、無料会員登録やショッピングでポイントを貯めて、お金に交換することができるサイトのことです。誰でも元手ゼロでできますので、とりあえず登録してみては?

posted by 田中 at 09:08 | Comment(0) | 在宅ワークで稼ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

赤ペン先生などで有名、通信教育の添削

一口に通信教育の添削といっても、いろいろなレベルがある。

まず小学校低学年の場合、これはもうマニュアルに従ってただ○×をつけるだけの単純作業になる。この機会的な作業を1枚3円程度でこなしていくことになる。

小学校高学年、中学生になると記述式の問題も増えてくるからマニュアルがあると言っても、添削作業にはけっこう頭を使わなければならない。

高校生ぐらいになると、ぐっと文字数の多い小論文などというものがある。採点というか評価も簡単ではないし、こちらの教養も問われるところもあるので気を抜けない。

これで1枚80円。やはり短時間で100枚単位でこなさなければならないので大変である。いってみれば頭の肉体労働みたいなものだ。

この仕事は新聞の求人欄などで募集がある場合もあるが、通信教育の会社のホームページをこまめにチェックするといい。不定期に添削者募集の広告があったりする。

しかしけっこう厳しい試験があって、それに合格しなければ仕事に就けない場合が多い。研修を受ける必要がある場合もある。

生徒ひとりひとりにコメントを書く必要があることも多いので字の練習も多少必要になるかもしれない。


一番簡単な在宅ワークといえば、ポイントサイトに登録することです。ポイントサイトとは、広告メール受信、アンケート回答、無料会員登録やショッピングでポイントを貯めて、お金に交換することができるサイトのことです。誰でも元手ゼロでできますので、とりあえず登録してみては?

posted by 田中 at 12:01 | Comment(1) | 在宅ワークで稼ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。